蔵人厨 ねのひ

蔵人厨 ねのひ

蔵を感じさせるしつらえの中心には厨人たちが立ち働く厨房。きびきびと働く姿や包丁さばきもご馳走の一つです。蔵人のケとハレを表現する料理はお客様のケとハレを彩ります。

蔵元「盛田」を楽しむ

豊かな産物、温暖多湿な気候。銘醸地にふさわしい風土が尾張・知多半島にそろっています。蔵元「盛田」では受け継いできた醸造文化を大切にしながら新たな伝統づくりへ。今日も蔵では蔵人たちが情熱を傾け技を磨きます。

蔵人のケとハレ

季節を追い、忙しく酒造りに打ち込む蔵人の楽しみは、滋味豊かな毎日の食事。酒造りを終わり仕舞の祝いに欠かせない鯛の祝い飯。旬の目利き食材・尾張三河の食材を素材にあった調理法で。蔵出しの調味料をつかった料理。

Page Top